公益財団法人しまね自然と環境財団

Just another WordPress site

お問い合わせTEL0852-67-3262-9:00-17:30(平日)

地球温暖化

「ちきゅうおんだんか」ってなに?エコはかせに教えてもらおう!

地球があたたかくなるってどういうこと?私たちにも関係があるの?
そんな「地球温暖化」のハテナ?に、エコはかせがわかりやすくこたえます!

地球の平均気温は、およそ15℃ぐらいで、私たち人間やいろいろな生きものたちが生活するのに、ちょうどよい温度を保っています。それは、太陽と地球の距離が、偶然にもちょうどいい距離にあるからです。

もし、地球と太陽の距離がもっと近かったら、地球は今よりずっと熱くなってしまい、地表に水はなく、生命が誕生することはなかったかもしれません。反対に、 地球と太陽の距離がもっと遠かったら、地球の気温は今よりずっと寒くなり、地表の水はすべて凍ってしまい、やはり生命が誕生するには、厳しい環境になって いたことでしょう。

地球がちょうどいい温度を保っているのには、もうひとつ理由があります。それは、地球の大気の中に、二酸化炭素や水蒸気のような温室効果ガスがあるためです。温室効果ガスは、太陽の光で温まった地面の熱が宇宙に逃げていかないようにつかまえて、 地球を温めてくれています。もし、まったく温室効果ガスがなかったら、地球の平均気温はマイナス19℃くらいになってしまうといわれています。

もっと詳しく知りたい!

◆JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター
「地球温暖化とは」http://www.jccca.org/global_warming/

◆地球のために今すぐCOOL CHOICE(クールチョイス)
環境省 COOL CHOICE https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

ページトップへ