5月はフェアトレード月間&消費者月間です꒰*´꒳`*꒱

2021.05.25

 

 

5月は「フェアトレード月間」★毎年5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」です。

今日のおやつは益田市のエル・エスパシオ・フェリスさんでGETしたフェアトレードのチョコレートと、かきのきむらさんでGETした津和野町産「つわ乃紅茶」をいただきました꒰* ॢꈍ◡ꈍ ॢ꒱.

 

 

 

フェアトレードとは、「公平・公正な貿易」であること。例えばチョコレートの原料であるカカオ豆を始め、私たちの生活に深く関わるものが発展途上国で作られています。

特に発展途上国の製品を、適切な価格で長く取引し続けること。生産者の権利を守り、貧困や児童労働を防ぐこと。農薬の適正使用による環境保全をすることなどが国際基準の原則です。

 

★フェアトレードとは(fairtrade japan公式サイト)★

 

 

 

↑とても分かり易い動画を発見しました٩꒰*´꒳`*꒱۶

私たちは生活の中でフェアトレード商品を知り、選ぶ事で取組を応援できます。

 

 

 

また、5月は「消費者月間」でもあります。今年のテーマは「消費で築く新しい日常」!
ぜひ、食品ロスを防ぐ買い物や商品の背景を考えた「エシカル消費」に挑戦です♪

 

★令和3年度消費者月間紹介ページ(消費者庁)★

 


写真は益田市のエシカル養蜂家「空水土(クーミード)」さんの「みつろうエコラップ」。
みつろうラップは何回も使える注目のエコグッズですが、このラップは素材の蜜蝋も地域(益田市)のもの!

いま「環境に優しい」というキャッチがついた商品がいっぱいあります。その中でも、野菜は地産地消のものにしよう。更には、外国製のビニールやカップに包装されていない裸の野菜を選ぼう。

菓子パンの表示にある「植物性油」とはパーム油のこと?なら、スマトラオランウータンが住む熱帯林を破壊しない、適正なアブラヤシの栽培を推進する企業のパンにしよう。など、商品の背景を知る事でより自分好みの消費ができます★

 


 

空水土さんが採用しているオーガニックバナナの繊維を使用したフェアトレードペーパー♪
レトロで可愛い紙質だけでなく、このペーパーを選ぶことでアフリカに雇用が生まれ、得られた収入は子供達の就学促進や病気の予防など、自立と命の支援に繋がります。
  
(エコサポは竹紙を選ぶ事で海外の森林保全に努めてきましたが、バナナ繊維は初めて知りました!)

 

私たちの日々の消費で世界が変わる!この5月から、ぜひエシカル消費を楽しんでくださいね。

 

ページトップへ