三瓶小豆原埋没林公園

島根県大田市にある三瓶小豆原埋没林公園

お申し込みはこちらから
埋没林について

埋没林について

三瓶小豆原埋没林の特徴

三瓶小豆原埋没林

三瓶小豆原埋没林は縄文時代の森が地中に埋もれ、生きていた時のまま根を張り、さらに長い幹を残したまま直立しています。

複数の樹木が根を張った状態で地層に埋もれたものが「埋没林」または「化石林」と呼ばれ、全国で数十カ所が知られています。その大部分は根もと付近が残るのみで、長い幹を残すものは世界的にも珍しい存在です。

 

埋没林の形成

埋没林の形成

約4000年前の小豆原には、千年以上をかけて育まれ、天をつくほどのスギ巨木が立ち並んでいました。森は三瓶火山の噴火で地中に埋もれたことで残り、現代に姿を現しました。

 

この森が埋もれた理由は、三瓶山の火山活動によります。

島根県の中ほどに位置する三瓶山は、幾度もの火山活動を繰り返してきた火山です。火山噴火の歴史は約10万年前に始まりました。その後、数千年から数万年の間隔をあけながら活動を行い、最も新しい時期の活動は約4000年前に発生しました。この時の噴火によって、三瓶小豆原埋没林が地中に埋もれたのです。

 

小豆原の森が埋もれたきっかけは、三瓶山の北斜面で発生した大規模な崩壊でした。噴火によって、山すそには火山灰や火山礫などの噴出物が厚く堆積しました。この土砂が崩れ、大規模な土石流が発生したのです。土石流の力は強大です。土砂は谷筋の木々をなぎ倒しながら流れ下りました。

 

もし、土石流が流れ下ったのが小豆原の谷だったら、ここに茂っていた木々はなぎ倒されていたことでしょう。

土石流が流れ下った谷は、小豆原川が流れる谷ではなく、隣の伊佐利川が流れる谷でした。小豆原川と伊佐利川は、埋没林の下流約500mの地点で合流しています。この位置関係が埋没林形成の重要なポイントです。

 

土石流は、伊佐利川の谷を埋め尽くしながら流れ、末端は大田市の海岸近くまで達しています。

伊佐利川と小豆原川の合流部は埋めつくされ、一部は谷を逆流して埋没林の地点まで達しました。谷をさかのぼった土石流は、埋没林付近に達した時には勢いが衰えており、木々はその勢いを受け止め、倒されずに土砂に埋もれました。

 

画像は埋没林で発掘された流木群。土石流(山体崩壊堆積物)に倒され運ばれたもの。

埋没林を埋めた地層

三瓶小豆原埋没林を埋めている地層は、上から順に「火山灰が水で運ばれて静かに堆積した層」、「火砕流の層」、「土石流の層」にわかれます。
まず、土石流が、続いて火砕流が流れ込みました。火砕流は350度程度の温度だったと見積もられていますが、樹皮の表面を焦がしただけで材の深部は炭化していません。
火砕流の地層の中には、水などが沸騰して抜けたとみられる構造(二次噴気孔)が多数認められることから、火砕流の堆積直後に水が流れ込み、温度が一気に低下したとみられます。

「火山灰が水に運ばれて静かに堆積した層」の形成は、この埋没林が長い幹を残していることと関係します。
土石流の本体が小豆原の隣の谷を流れ、小豆原の谷は合流部をせき止められる形になりました。つまり、天然のダムです。
ダムに流れ込んだ水は火山灰を運び、木々を深く埋めていきました。もしダム状態になっていなかったら、木々は根元付近が埋もれただけで幹までは残らなかったことでしょう。

埋没林を埋めた地層

埋没林の樹種

埋没林の樹種

三瓶小豆原埋没林では、立木、倒木ともにスギが過半数をしめ、特に直径1mを超える大径木はほとんどがスギでした。スギ以外ではトチノキ、ケヤキ、カシのなかまなどがありました。

埋没林の樹種構成から、縄文時代の三瓶山北麓の谷筋には純林に近いスギ林が広がり、その間にトチノキなどの広葉樹がわずかに生えていたことがわかります。

なお、現在、中国地方では小豆原付近の高さ(標高200m)にはスギの自生林は残っていません。

益田市美都町の若杉自然林のスギ巨木群。
標高500mを越える場所にわずかに自生のスギが残ります。

全国の埋没林

全国の埋没林

「埋没林」または「化石林」として名前が付けられたものは、全国で約40か所あります。他にも命名されていない小規模なものが存在すると思われます。
三瓶小豆原埋没林は、直立状態で残存する幹の規模が際だっており、世界的にも極めて貴重な存在です。

埋没林を現地で展示公開している施設は、三瓶小豆原埋没林のほかに魚津埋没林博物館(富山県)、富沢遺跡保存館・地底の森ミュージアム(宮城県)があります。
魚津埋没林は富山湾の海底に存在する埋没林で、特別天然記念物です。富沢遺跡の埋没林は約2万前のもので、埋没林と旧石器が同時に発見されています。

詳しくは、展示解説書「森のことづて ~縄文の巨木林・三瓶小豆原埋没林」で紹介しています。

三瓶小豆原埋没林公園で発売しています。(価格1000円)
郵送での取り扱いもいたします。購入方法等、詳しくは三瓶自然館ミュージアムショップへお問い合わせ下さい。(代表0854-86-0500)

三瓶埋没林調査報告書(I~III)をPDFファイルで公開しています。

三瓶小豆原埋没林根株展示

三瓶小豆原埋没林の根株展示。らせん階段を下りてそばまで行くことができる。地下13mの深さ。