さんべ縄文の森ミュージアム(三瓶小豆原埋没林公園)

島根県大田市にある三瓶小豆原埋没林公園

お申し込みはこちらから

イベント

イベント

読み込み中... 読み込み中...


月イチガク2022⑪「江戸の土木工事~静間川の付け替え~」

江戸時代、大田市を流れる静間川では川の付け替え工事が行われました。

当時、治水とともに新田開発を目的に川を付け替えることがしばしば行われ、木曽川など、全国的には大規模な河川改修が知られています。

静間川でも川の付け替えが行われ、河口部分については地元で知られているものの、それより上流側(おもに長久町地内)の付け替えは記録や伝承が少なく、ほとんど知られていませんでした。

この講座では、微地形と伝承から見えてきた河川改修と土地利用の変化を紹介します。

 

※「イベントカレンダー」では11月19日の予定でしたが、1月14日に変更します。

月イチガク2022⑫「中世益田と石見銀山」

益田市は各所に中世の面影を色濃く残す町です。

この町は、「海洋領主」と呼ばれ、海運で大きな力を持った益田氏のもとで栄えました。雪舟が作った庭園が2つも残ることは、その繁栄ぶりを物語ります。

石見銀山の開発を手掛けた大内氏との関りも深く、銀山の山神「佐毘売山神社」は益田市から勧請されています。

この講座では、中世益田の歴史を益田市教育委員会の中司健一さんにうかがいます。

 

益田市と大田市の日本遺産をつなぐ企画。石見銀山世界遺産登録15周年記念事業。

月イチガク2022⑬「<フィールド>『石見の火山』を歩くin温泉津

温泉津駅を出発して、世界遺産でもある温泉津の町をジオの目線で歩くフィールドワークです。

温泉津の町は日本列島ができた時代の火山が作った岩石(凝灰岩)の分布地です。町並みをあるくと「石」と「町並み」に深い関係があることに気づくことでしょう。

 

日本遺産関連事業。