さんべ縄文の森ミュージアム(三瓶小豆原埋没林公園)

島根県大田市にある三瓶小豆原埋没林公園

お申し込みはこちらから

イベント

イベント

読み込み中... 読み込み中...


月イチガク⑤「氷期の森と旧石器人」

都市の地下から現れた2万年前の森には、旧石器人が残したたき火の跡や石器製作の痕跡が残されていました。
驚きの発見の数々を、仙台市富沢遺跡保存館(地底の森ミュージアム)の平塚幸人氏とオンラインでつないで紹介して頂きます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑥「島根半島四十二浦を歩く」

入り組んだ海岸の入り江ごとに人々が暮らし港がある島根半島。
四十二浦を数える浦々には特徴的な大地の歴史と独特の風習や祭りが伝わります。

島根半島四十二浦の魅力を、島根半島・宍道湖中海ジオパーク推進協議会の松原慶子さんとオンラインでつないで紹介して頂きます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑦「火山が埋めた森」

九州のほぼ全土を覆った阿蘇火山の破局噴火。
この噴火によって埋もれた森が大分県、佐賀県、福岡県で発見されています。
日田市立博物館などとオンラインでつないで、噴火によって埋もれた森について紹介して頂きます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑧「地層が語る7万年「年縞」」

湖の底に静かにたまり続けた7万年分の地層には、季節変化によってできた縞模様「年縞(ねんこう)」が7万年分残されていました。

福井県の水月湖で発見された年縞の謎と、そこから明らかになる7万年分の大地の歴史を、福井県立年縞博物館とオンラインでつないで紹介していただきます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑨「雲仙火山の噴火と災害」

雲仙火山(長崎県)の平成噴火は、報道のカメラが噴火の始まりから大災害の発生、終息までの過程を追い続け、火山の脅威が広く知られるところとなりました。
この噴火ではどのような現象が発生したのか、災害の状況はどのようなものだったのかを、雲仙岳災害記念館とオンラインでつないで紹介していただきます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑩「海を旅した石見焼」

赤瓦と大型の瓶“はんど”に代表される「石見焼」は、日本海の港を巡る北廻り航路の廻船に積まれ広く流通しました。

石見焼の流通を追ってその広がりの研究を進めている阿部志朗氏に、驚きの研究成果を紹介して頂きます。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。

月イチガク⑪「先端技術で年輪を読む」

1年に1本ずつ作られる年輪には、その年の気象を物語る情報が残されている!

生きている木や埋もれ木の年輪を高精度で分析することで、過去の気候変化やその木が生きていた時代を知ることができるという最新の研究について紹介します。

講師はオンライン出演の予定で、縄文の森ミュージアムのガイダンス室で参加できるほか、自宅からオンラインでの視聴も可能です。

オンライン(Zoom)での視聴も可能です。

オンライン視聴をご希望の方は、メールでお申し込みください。前日までにZoom会議への招待を返送します。