コラム取材✽.イタリア料理教室「effe-co」板倉さんを取材しました

2022.08.31

 

「イタリア料理教室effe-co」板倉左布子さん in izumoクオーレ

 

 

 

しまねの暮らしを思いきり楽しみ、未来へ豊かな資源や縁を繋ぐ方をご紹介する『しまねを楽しみ、未来へ繋ぐ』コラムの取材で、「イタリア料理教室effe-co(エッフェ・コー)」板倉左布子さんを取材しました꒰*´꒳`*꒱
 

出雲市出身の板倉さんは、約10年間のイタリア(トリノ)生活・料理探求を経て、帰国後はふるさとの出雲と東京を拠点に「イタリア料理教室effe-co」を主宰しています。

 


 

本格的なイタリア料理が家庭でできると人気の料理教室。
板倉さんのレッスンでは、心のこもった出雲野菜がふんだんに使われ、技術と共にその美味しさや農家さんの気持ちが伝えられます。
 

また、有志と月1回開催するフードマーケットや自著の出版イベント等を通して、出雲を中心とする島根の食材の魅力を広く発信し、食に関わる人の縁を結んできました。  
 

トリノ・出雲・東京を舞台にした多岐に渡る活動の中、このコラムでは地域の拘りある食材の魅力や新たな可能性、生産者と消費者を繋ぐ「Sunday Market CiBO(サンデーマーケットチーボ)」、暮らしの食卓が楽しくなる「スローフード」をテーマにご紹介します。 

(写真右:板倉さん、左: izumoクオーレ 今岡さん)

 

 

 

地域で作られた食材を選ぶ「地産地消」は、新鮮で安心感があり、運搬にかかるCO₂の排出や過剰包装を削減し、地域経済を循環させることで有名ですが、加えて今は「誰が・どのように・どんな気持ちを込めて」作っているかを知り、その想いに賛同して購入できることが注目されています。

 

 

 

今回の取材場所を提供してくださった「izumoクオーレ」さんは、「小さな畑から、たくさんの食卓へ」をテーマに、化学肥料・農薬を使わず、ありのままの自然の力を活かした農法でハーブやお野菜を作っています。
 

土づくりから商品の加工まで全てご自身の手で行い、土には朝山地区の廃菌床(仕事を終えた椎茸床)を活用するなど、拘りと多くの手間をかけた取り組みは、美味しい作物だけでなく、次世代も農業ができる健康な土壌を未来に繋ぎます。

 

 

食材が持つストーリーを知っているのと知らないのでは全然違う!
 

しまねには、そんな拘りと熱意を持った生産者さんがいます。
そして、私たちは毎日の買い物の中で「商品を知って選ぶ」ことで取り組みを応援し、地域や社会をより良く変化さることができる。
 

暮らしの食がもっと楽しくなる。板倉さんをご紹介したコラムは10月頃公開の予定です。
エコサポしまねのHPや島根県のFacebookから読めますので、ぜひお楽しみに꒰* ॢꈍ◡ꈍ ॢ꒱
 

 

これまでにご紹介した素敵な人はこちら!
『しまねを楽しみ、未来へ繋ぐ』

 

 

୨୧┈関連情報┈୨୧

・イタリア料理教室effe-co
HPFacebookInstagram

・サンデーマーケットチーボ
FacebookInstagram

・izumoクオーレ
HPFacebookInstagram

・より良いものを選ぶエシカル消費

・2030年までに達成を目指すSDGs

・島根県も宣言しているゼロカーボン

(※写真撮影時のみマスクを外していただきました)

 

ページトップへ