大根島パワー!!元気な島を未来に繋ぐ (株)ふぁーむ大根島 豊島さん(2)

2019.06.21

豊島さんの取り組みは商品開発にとどまりません。

昨年から『大根島まんなかマーケット』という、子どもからお年寄り、ペットまで「家族みんなが楽しめるイベント」も開催されています。
そのポイントは“一人”ではないこと。
イベントを引き継ぐ予定の若者たちや、島の地域活性に思いを同じくする仲間たちと島を盛り上げています。

この日も童心の宿「なみ路」にコアメンバーが集まり、なにやら作戦会議?

 

-今日はみなさんどんな話をしてるんですか?

大根島を盛り上げる相談をしているの!島では宿泊やクルーズ、サイクリングもできるし、みんな島を本当に思っていて、「今後もお店でバーベキューをしたい」と言えば、「それなら場所はこうしたら?」「網のかわりに島石で焼いたら美味しいよ!」「島石はあそこで売っていたよ」など、集まるとアイデアがどんどん出るの。

 

『大根島まんなかマーケット』のテーマは“美と健康と癒し”。企画運営にも多くの女性が関わります。

 

-『大根島まんなかマーケット』はどんな催しですか?

/ 雨のため中止 \

島の外の人気店だけでなく、若いお母さんたちの要望から子ども服などを扱うフリーマーケットや、毎月お寺のイベントでお菓子を振舞うおばあさんたちのグループにも出店をお願いしているの。地域ひとまとまりに楽しめるイベントにしたいなと思って。

会場は、日本で一番小さな火山島である大根島のまんなか。島を一望できる大塚山公園は芝生も張られ、手頃な広さで子ども達も安全に遊べるの。

アロマや体験ブースも充実してるので、お母さんたちに日々の疲れを癒してもらい、また明日から頑張ろう、みたいな気持ちになってもらえると嬉しいな。(※雨のため中止となりました)

 

-例えば10年後…2030年に、豊島さんがつなげたいものはなんですか?

この島にお嫁に来て26年経つけど、毎日犬の散歩で歩くたびに、『ここって本当にいいところだわ』って自然に思えます。それって、実は凄い事だとも思うの。

島の景色も南と北で見え方が全然違う。北側は山がすぐ向こうに見えるので、紅葉など四季に応じて色の変化が美しいし、大山を望む南の方は、日々天候に応じて景色がまったく変わって見えるんです。夕日の写真も綺麗でしょ。この景色、風景は未来の子供達にも見せたいわ。

 

 

もともと痩せていた土地を先人たちが土壌改良をして肥沃な土に変えた。島には昔の人たちの思いがこもっているんです。
また、元々女性が花売りをして暮らしを支えてきた歴史もあるの。女性が輝ける仕事や環境を整えて、もっと色んな業種の女性が入ってくれば、島はさらに仕事がしやすい場になると思ってる。

こうした自然や風土を未来につなげるためには、島の外に働きに出ている人も、週末農業のような形で島の暮らしを守るとか、島を訪れる仲間を増やすとか、とにかく“人”が大切です。
私の仕事がそんなことに繋がっていくと嬉しいわね。

 

 

■豊島さん一押し!明日からできる美味しいエコな工夫■

 野菜って、本当は全部食べられる。パクチーの根っこなんて鶏肉と一緒にご飯に炊き込むと美味しいし、人参の葉っぱも天ぷらにしたら美味しいよ。あと大根の葉っぱはものすごく栄養があるので、絶対捨てないで食べてほしい。直売所で葉付きの野菜を買ってみるのもおすすめね。

 

 ——豊島さんとお話した感想——

お子さんたちのUターンをきっかけに、島の未来について思いをはせた豊島さん。島の課題であった耕作放棄地からパクチーが生まれて、新商品開発につながりました。女性たちが中心になって地域の持続性を高める、その原動力として今日もパワフルに飛び回る豊島さんから、島の元気な未来が見えました。

 

 

https://www.unic.or.jp/files/sdg_icon_18_ja.png  https://www.unic.or.jp/files/sdg_icon_05_ja.png https://www.unic.or.jp/files/sdg_icon_08_ja.png https://www.unic.or.jp/files/sdg_icon_11_ja.png

 

 

 

 

 

ページトップへ