美しい森を作り、後世に残す 津和野ヤモリーズ 有村さん(2)

2019.03.22

―ヤモリーズではどういう仕事をしているのですか?

 

自伐型林業といって、ヤモリーズが津和野町の山に入り、まず作業道をつくり、その作業道を使って、木を切り間伐も行うなど、自家伐採と6次産業の持続可能な林業を行っています。

木を伐採することで、補助金がもらえる仕組みです。

 

 

 

林業の仕事は、目に見えた効果がすぐに現れるわけでもなく、山が豊かになるとすぐに海がきれいなるわけでもありません。

しかし、地道な山の仕事を行うことで、自分の子どもたち、孫の世代にはきっと津和野の山が豊かになり、環境や地球温暖化が少しでも改善されるはずです。
なので、地域おこし協力隊が、地域の山の作業を行うことは、本当に理にかなっている良い試みだと思います。

 

 

〝林業は大変〟と思う人が多いと思いますが、楽しいですよ!
機械を使って木を切り、運び出すので、想像するほど重労働ではありません。

また木を切り倒すことはスポーツ要素があると思っています。
要は「予測」ですね。

 

 

この木を伐採することで、この山がどうなるかを予測しながら、切っていい木、そうじゃない木を考えるのです。自然を相手にしているので、より慎重になります。

 

 

―山が生きているようですね。


そうです。山は面白いですよ。
奈良県の吉野から道づくりの師匠に来ていただき、指導をしてもらうのですが、いろいろなことを教えてもらえます。

作業道づくりはもちろんですが、〝この山に生えている草は乾燥土壌を好むから、掘削しても崩れない〟とか〝シダは水を好む植物だから、この山は水が出てくる〟など、山についての知識がすごいです。これぞ「山男!」です。

 

 

 

―有村さんは今年度で地域おこし協力隊を終了されますが、今後の活動は?

 

 

林業を引き続き行っていき、「林家(りんか)」になります。要は自営で林業をするということです。そして将来は「篤林家(とくりんか)」になりたいです。

 

―「篤林家」とはどういうことをするのですか?

自分の山で自ら木を育て、間伐などの手入れをしながら、伐採、搬出など理想の木材を生産していくなど、トータル的に森の循環を行っていく林家のことです。

そして人と森との距離を近づける「森と暮らす」をテーマに生活してみたいです。

 

 

 

休日にはろくろを回し木の皿を作っているので、将来は自分の山で切った木で器をつくるのが夢です。
木・林・森・山が身近に感じられ、自然と共存している今の暮らしがとても自分に合っています。

 

 

 

 

 

****有村さんとお話した感想****

津和野に来てすっかり山のとりこになった有村さん。休日も、副業で山に入り林業を行ったり、木工を楽しんでいるほど、毎日が「木」に関わり、楽しそうでした。
それだけではなく、プライベートでは結婚もされ、良いことばかり。
有村さんが真摯に山に向き合うことで、山から恩恵を受けているからかも…。自然からの恵みは、人の心も体も幸せにしてくれるのだと思いました。

 

 

ページトップへ