イベント

南十字星の下で-見えない宇宙に挑むアルマ望遠鏡-

開催日
場所 三瓶自然館ビジュアルドーム
定員 60名(要予約)
料金 入館料のみ
申込み・問合せ 0854-86-0500(三瓶自然館サヒメル)

巨大電波望遠鏡アルマが解き明かした最新の天文学について、国立天文台アルマプロジェクト・平松正顕助教にうかがいます。

電波の「目」で宇宙の謎に挑む

アルマ望遠鏡は南米チリの高地、標高5000mに設置されている巨大望遠鏡です。

宇宙空間の物質が放つかすかな電波をとらえて、惑星誕生のメカニズムや地球外生命存在の可能性を明らかにすることが期待されています。