自然情報

紅葉と黄葉 2021.10.24

秋になると三瓶山の木々は、赤色や黄色に葉を染めていきます。一年でもっとも美しい季節といえるでしょう。赤色に変わるものを紅葉、黄色に変わるものを黄葉と書くことがあります。木々の葉がどんな色に染まるか、探しに来て見ませんか。

コハウチワカエデの紅葉
クロモジの黄葉

(学芸課 井上雅仁)


ススキ迷路で見られる花 2021.10.17

10月9日から11月4日まで、北の原にススキの草原を利用した迷路が作られ、誰でも楽しむことができます。ゴールを一目散に目指すのも良いですが、散策しながら、秋の花を楽しむのも一興です。

リンドウ
アキノキリンソウ

(学芸課 松村美雪)


二重星団 2021.10.10

今ごろの夜8時から9時あたり、北東の空にカシオペヤ座が昇ってきています。カシオペヤ座のすぐ下あたりを見ると、ぼんやりとした光のかたまりがあるのがわかります。散開星団が二つ並んで見える「二重星団」です。双眼鏡を使った観察がおすすめです。

(学芸課 矢田猛士)


テン 2021.10.03

当館のマスコットキャラクターの名前は「テンピー」で、三瓶山に生息する哺乳類のテンがモデルとなっています。テンは季節によって毛色が違って、これから生えてくる冬毛のもの(写真右)は顔が白いですが、夏毛(写真左)だと真っ黒です。まるで違う生き物に見えますね。

(学芸課 安藤誠也)


火山豆石 2021.09.26

志学展望広場の火山灰層には、火山豆石と呼ばれる球状の塊がたくさん含まれています。そのでき方には色々なパターンがありますが、火山灰の塊が火山噴火の噴煙に何度も吹き上げられることで成長してできる、という例がよく知られています。火山灰が塊となるには水分が必要なので、当時の三瓶山火口には湖があって、マグマ水蒸気爆発をおこしたのかもしれません。

(学芸課 今井 悟)


最も跳ぶバッタ 2021.09.19

秋、三瓶の草原でぜひ見つけて欲しい昆虫の1つがトノサマバッタです。体長5センチほどになるこの昆虫の最大の特徴は、発達した後ろ脚と長い翅を生かした跳躍力です。日本のバッタの仲間で最も跳ぶことのできるその見事な跳躍力を、広い草原で体感してみましょう。

トノサマバッタ

(学芸課 皆木宏明)


名月 2021.09.12

旧暦8月15日に見る月が中秋の名月で、現在の暦では毎年日が変わります。今年は9月21日です。必ずしも満月とはならないこともありますが、今年はちょうど満月に当たり、まん丸なお月見ができるでしょう。

(学芸課 太田哲朗)


水星が見られる 2021.09.10

9月中旬まで、水星が見えています。位置が低いため分かりやすいとはいえませんが、明るい金星を手がかりに探してください。19時ごろの西の空、金星の右下約15度(腕を伸ばして親指と人差し指をいっぱいに開いた幅ぐらい)のところにあります。双眼鏡があればより見つけやすいでしょう。

9月9日19時すぎ、出雲市で撮影。この日は三日月も出ていた。

(学芸課天文事業室 竹内幹蔵)


水場に来るオオルリのオス幼鳥 2021.09.05

鮮やかなコバルトブルーが特徴のオオルリのオス。渓流沿いの高い木の上で美しい歌声を響かせるバードウォッチャーあこがれの鳥の一つです。サヒメルの水場では、渡りの移動がはじまる9月から10月頃に見られます。しかし、その多くは今年生まれの個体。別の種類かと思うほど、成鳥とは異なる模様をしていますが、オスの若鳥には成鳥同様のコバルトブルーの羽根が見られます。

オオルリ オスの第一回冬羽(今年生まれのオスの若鳥)。2013年10月1日:サヒメル野外観察コーナー
オオルリの成鳥。2013年10月1日:サヒメル野外観察コーナー
オオルリの成鳥。2014年9月25日:サヒメル野外観察コーナー

(学芸課 星野由美子)


木星・土星 2021.08.29

このところの夜のはじめごろ、南東に見えているたいへん明るい星は木星、その右側は土星です。望遠鏡で木星・土星を見たい場合は、この秋、サヒメルの天体観察会にご参加ください。

(学芸課天文事業室 竹内幹蔵)